日本最大級のガールズポータルサービス

人気小説が無料で読める!女の子のための小説投稿サイト

しおりはログインが必要です

あなたが最近読んだ作品

今、オススメの作品

さようなら、なんてね

さようならの意味を、わたしはまだ知らなかった。

兎の心臓に蜘蛛の巣【完】

「同情する」と一回寝た女が呟いた。「好きなんだろ」と幼なじみが笑った。「傷付けて」と俺が泣いた。狂えた方が楽だった。馬鹿みたいに明るい夜を君の為に越えていく。

このページのTOPへ